アジサイの花の色はどうして違うの?

お花というものは極々私達の身近に存在しているものです。でも、案外、当たり前過ぎて、お花に対していろいろ知ろうという向上心もあまりなく、決して多くのことを知っているという訳ではないでしょう。 でも、デートしている時などちらっとお花の豆知識など披露すれば、結構あなたの好感度もアップすることが出来るかもしれません。 結構、お花にはわからないことも一杯存在しているのではないでしょうか。

アジサイの花の色はどうして違うの?

素直にこのような質問をされて回答出来る人たちってほとんどいないでしょう。 しかし、考えてみれば、アジサイはどうして色が変わるのかすごく不思議ですよね。 アジサイは、植えかえをしたら花の色が変わって、なんだか得した気持にもなることが出来るのではないでしょうか。 おおかた、土壌が酸性なら「青」、アルカリ性なら「赤」という言い方をします。それで間違いではありませんが、アジサイは、アントシアニン、補助色素、土壌の酸性度(ph)アルミニウムイオン量によるものだと言われています。 土壌に含まれるものをどうアジサイが吸収して行くのかであり、 アルミニウムが吸収されると紫陽花は青くなる傾向があり、吸収されなければ赤いままということになります。 土壌が酸性であれば、 アルミニウムが吸収されやすい状況となります。アルカリ性土壌であれば、アルミニウムが溶けにくい状況になります。

花の色が異なる理由

アジサイは、同じ株でも花の色が違う時があります。それは、根のはる場所によって違い、アルミニウムを吸収する条件が整っていたりそうでないことがあるためです。 他には、もともと花びらにも含まれる補助色素があり、その紫陽花が青になりやすかったり、そうでなかったりする傾向があるからです。

アジサイは毒性がある

更にいろいろお花の中には食用花として活用されたりするものがありますが、アジサイの場合は、毒性があることも注意してください。 食べてしまうことで、 過呼吸・痙攣・麻痺・ふらつきなどの症状が出てきてしまうでしょう。 それを知らないとアジサイがキレイだから、ちょっと刺身の横に置いてみようという気持ちも起こるかもしれないですよね。そしたら、お客様はちょっと食べてみようかなという気持ちも起きてしまうかもしれません。 そして、結果お客様がアジサイを食べてしまって、食中毒になってしまったという事件が過去実際に起きています。 そもそも、アジサイは、毒性とはちょっと見えないお花なので注意したいですね。


Copyright(c) 2017 アジサイ辞典 All Rights Reserved.